[PR]

 埼玉県川口市と吉川市のマクドナルドで昨年12月に販売されたハンバーガーとチキンナゲットから、それぞれ鉄くずとスポンジのかけらが見つかっていたことが、県への取材で分かった。いずれも店内で混入したとみられるという。

 県によると、12月5日、川口市長蔵新田の戸塚安行店でハンバーガーを買った客から「長さ1・5センチほどの鉄くずが入っていた」と店に連絡があった。日本マクドナルドが調べた結果、鉄板の焦げを削る清掃作業中に出た鉄くずが混入したとみられる。

 吉川市平沼の吉川店でも同27日、購入したチキンナゲットにスポンジのかけらが入っているのを客が発見。同社の調査で、調理室で使うスポンジと形が一致したという。

 いずれも健康被害はなかった。両店から連絡を受けた県の保健所が立ち入り検査し、再発防止について指導したという。