[PR]

 青森県八戸市の食品製造会社「八戸フーズ」が製造したブリの加工食品から食中毒の原因となるヒスタミンが検出されたとして、青森県保健衛生課は10日、同社に対し、9日から5日間の営業停止と25商品の回収を命令したと発表した。

 同課によると、2日から3日にかけ、東京都内の飲食店で同社の「ぶりいしる漬干し」を食べた5人が下痢や顔が赤くなるなどの食中毒症状を訴えた、と東京都福祉保健局から通報があった。八戸保健所で、同社に残る同じ商品を調べたところ、高濃度のヒスタミンが検出されたという。

 同課は、同じくブリを原料にした「ぶり照焼」「ぶり角切澱粉付」など同社が製造する計25商品(賞味期限が2015年12月13日までのもの)を回収の対象にした。出荷数は合計1万7750個で、出荷先は東北地方から九州地方まで24都府県に及ぶ。