【動画】復刻塗装の臨時電車を運行=辻健治撮影
[PR]

 東武鉄道は11日、東上線開業100周年記念イベントの一環として、登場時から現在までの3種類の塗装をした車両を連結した特別列車を運行した。池袋駅(豊島区)には、珍しい列車を撮影しようと、朝から鉄道ファンらが詰めかけた。

 現在使われる8000系車両の登場は1963年。特別列車は、当時のロイヤルベージュとインターナショナルオレンジのツートンカラー(4両)と、74年からのセイジクリーム単色(4両)、85年に導入した白地に青いラインの車両(2両)を連結し、10両編成で走らせた。森林公園~池袋間を1往復した。

 埼玉県滑川町の笹森悠人君(8)は特別列車に乗って池袋へ。「色が違うのが面白かった。全部撮れてよかった」と笑顔を見せた。

 8000系車両は今月17日に池袋~小川町間での運用を終える。