[PR]

 韓国仁川で昨年9月に開かれたアジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴された競泳元日本代表の冨田尚弥被告(25)の初公判が12日、仁川地裁で開かれた。起訴内容について冨田被告は「カメラを盗み取った事実はない」と述べ、無罪を主張した。

 冨田被告は裁判官に起訴内容について問われ、カメラに関心がなく、盗む動機がないなどと説明。日本代表選手としてアジア大会に出場しており、「窃盗行為を行うような愚かなことを行うはずがない」と訴えた。

 一方、検察側は冨田被告がカメラを盗んだ様子が映っているとされる防犯カメラの動画を証拠として提出。2月2日の次回公判で動画が法廷で再生される。

 公判終了後、冨田被告の弁護士…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら