[PR]

 宮崎市の養鶏場で先月末に発生した高病原性の鳥インフルエンザについて、宮崎県は13日午後5時、発生した農場から半径3~10キロの鶏や卵の持ち出しを禁じた「搬出制限区域」(55戸、最大約198万5千羽)を解除した。これに伴い、10キロ圏内に設けた計10カ所の車両の消毒ポイントも5カ所に縮小した。

 今後、異常がなければ、半径3キロ圏内での移動を禁じた移動制限区域も20日午前0時に解除される。