[PR]

 札幌市の円山動物園で、全長約4メートル、重さ約160キロのダイオウイカの冷凍標本が屋外展示されている。気温が低く、園内に雪がたっぷりある寒冷地ならではの展示。触ったり、記念撮影をしたりする親子連れらでにぎわっている。

 新潟県佐渡市沖で昨年1月に水揚げされたメス。研究用に保管していた同県水産海洋研究所が同園に無償で譲った。展示は31日までの予定だったが、好評のため2月11日まで延長。同14~28日の土日も展示する予定だ。ダイオウイカの状態によっては屋内での展示になることもあるという。

 家族で訪れた小学6年生の西村柊馬君(12)は「普通のイカと全然違って、大きかった。海のにおいがした」と話した。