[PR]

 災害時に交流サイト(SNS)のツイッターにあふれる情報の「信頼性」を見分けるのに役立つ分析システムを、情報通信研究機構(NICT)が開発し、8日、ネットで公開した。多数の投稿から矛盾する情報を探し、正確な情報を見極めやすくする。

 ツイッターはスマートフォンなどから簡単に投稿でき、東日本大震災では情報源として活用された。一方、被災地以外の人も様々な情報を書き込むため、デマや、すでに古くなった情報が広がってしまう可能性もある。

 研究チームは、言葉がわかるコンピューターをつくる人工知能の研究を応用。東日本大震災直後1カ月間の投稿6・5億件を解析して、多数の投稿から矛盾する情報を特定するシステム「DISAANA(ディサーナ)」を開発した。

 利用者が「○○県で不足してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら