[PR]

放し飼い 京都の「七谷地鶏」

 「クククク……」。飼育100日を超えた「七谷地鶏(ななたにじどり)」の鳴き声は野太い。顔つきもたくましい。

 京都府亀岡市。愛宕山系の山あいから流れ出た桂川の支流・七谷川のほとりに加藤高志さん(48)が経営する二つの養鶏場がある。鳥インフルエンザ対策で、冬のいまは屋内で飼育中だ。

 七谷地鶏は、かつて闘鶏としても育てられた薩摩鶏や名古屋種(名古屋コーチン)に外来種を掛け合わせた鶏だ。京の街で暗殺された坂本龍馬が、直前に食べようとしていた軍鶏(しゃも)の血を継いでいる。

 加藤さんは2003年に養鶏を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら