[PR]

 2015年度の当初予算案には、福岡空港(福岡市博多区)の滑走路増設事業費として4億8千万円が盛り込まれた。24年度の完成を目指し、新年度は埋蔵文化財調査や設計に着手する予定だ。

 現滑走路の西側に並行して2500メートルの新滑走路を設ける。事業総額は約1840億円で国が1200億円、福岡県と福岡市が計440億円、民間事業者が200億円を負担する。17年度にも運営を民間委託する方針で、運営権の売却益を事業費の国負担分に充てる計画。西日本鉄道が運営権の入札に応じる意向を示している。

こんなニュースも