[PR]

 厚生労働省は14日、待機児童解消に向けて保育士を増やすための計画を公表した。保育の受け皿の拡大で2017年度末には約6万9千人の保育士が不足すると推計。いま年1回の保育士試験を年2回実施して受験しやすくするなどの対策を盛り込んだ。

 厚労省は、17年度までの5年間で40万人分の保育の受け皿を確保する「待機児童解消加速化プラン」を進めている。自治体の保育整備計画などを元にした推計では13年度時点で全国に約37万8千人の保育士が勤務している。17年度末には約39万8千人まで増えるが、保育定員に対しては6万9千人が足りなくなる見通しという。

 計画では、保育士試験の回数を年2回に増やして実施する都道府県に、問題作成費など実施費用の一部を補助することにした。16年度からの実施を目指す。

 また保育士を養成する大学などへの就職支援補助や、資格を持ちながら働いていない「潜在保育士」に仕事をあっせんする自治体の「保育士・保育所支援センター」への補助も盛り込んだ。ともに15年度から実施する予定で、事業費65億円が新年度予算案に盛り込まれた。(畑山敦子)