[PR]

 第152回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に小野正嗣(まさつぐ)さん(44)の「九年前(きゅうねんまえ)の祈り」(群像9月号)、直木賞に西加奈子さん(37)の「サラバ!」(小学館)が選ばれた。副賞は各100万円。贈呈式は2月中旬、東京都内で開かれる。

 芥川賞に決まった小野さんは1970年、大分県生まれ。東京大学大学院を経て、パリ第8大学で文学博士。2001年に「水に埋もれる墓」で朝日新人文学賞、02年に「にぎやかな湾に背負われた船」で三島由紀夫賞。芥川賞は4度目の候補だった。現在、立教大学准教授でもある。

 受賞作は、カナダ人の男と別れ、幼い息子を連れて故郷に戻った女性が主人公。問題を抱える子どもとの関係に苦しんでいる。「みっちゃん姉(ねえ)」と慕う女性の息子が重い病だと聞き、主人公は9年前のカナダでの珍道中を思い出す。過去の旅と現在を行き来しながら、二人の女性の祈りを大分の海辺の風土に包んで優しく描いた。

 小野さんは「小説は土地に根ざしたもので、そこに生きている人間が描かれる。あらゆる場所が物語の力を秘めている。世界の優れた文学は個別の土地と人間を掘り下げ描くことで、普遍的になっている。小説を書いたのは僕かもしれないけれど、(作品は)土地が書いた。(昨年秋に亡くなった)兄が一番大きな力を発揮し、応援してくれた」と話した。

 選考委員の小川洋子さんは「故郷の女性たちが、帰ってきた主人公を丸ごと受け止め、土地が持つ魅力をうまく小説として結実させた。鮮明な記憶とあいまいな記憶が最後に見事につながっている」と評した。

 一方、直木賞に決まった西さんは1977年、イラン・テヘラン生まれ。エジプト・カイロや大阪府内で育つ。関西大法学部卒。2004年単行本「あおい」でデビュー。「通天閣」(06年)で織田作之助賞。「ふくわらい」(12年)で河合隼雄物語賞を受賞、直木賞候補にも。候補2度目で受賞が決まった。

 受賞作は、イランで生まれ、育ったカイロでエジプト人の親友を得る少年が主人公。イケメンだが強烈で個性的な家族に囲まれ、自意識過剰でゆがんだ性格になってしまった彼が、親友と再会、家族と自分の存在を受け入れていくまでの成長物語だ。

 西さんは「デビューした時は5冊書けたらすごいと思っていたが、何十作も書けた。直木賞は規模が大きすぎてよく分からないくらい」と驚いた。「当時の自分に『あなたはすごく恵まれているので安心して書きなさい』と言いたい。同時代の作家が悪や違和感を書いてくれるから、私はハッピーエンドに向かっていける。常識やと思っていることを『本当にそうか』と問いかけるような作品を書いていきたい」と話した。

 選考委員の林真理子さんは「人を救うものは何か。宗教でもお金でも成功でもなく、人との出会い、自分がつかみだしたものである。それに向かって私たちは歩かなければならない。こういう前向きなスケールの大きい作品が受賞したことを喜ばしく思う。読み終わった後の、青空が広がるような感覚が最大の魅力」と評した。