[PR]

 政府は、国籍不明の武装集団が日本の離島に上陸したり、船舶を攻撃したりする事態に際し、自衛隊の出動を素早く決めるため、各閣僚の了解を電話だけで済ませて閣議決定できるようにする検討に入った。警察や海上保安庁では対応できないケースで、実際に閣僚が官邸に集まらなくても、口頭での了解で内閣による出動判断を短時間に出すのが狙いだ。

 政府は、日本が他国から武力で侵略されているとは判断できないが、自衛隊による対応が必要な「グレーゾーン事態」と呼ばれる状況を想定。防衛省関係者によると、電話での閣議決定で出動を決める事態は、①国籍不明の武装集団が離島に上陸した場合②日本の船舶が武装集団から攻撃された場合③外国軍艦が領海に侵入した場合――の三つのケースを検討している。

 自衛隊法などに基づく自衛隊の出動は、侵略などに対し実際に武力で反撃する「防衛出動」のほか、自衛隊が警察権に基づいて限定的に武器を使う「海上警備行動」や「治安出動」がある。いずれも出動を閣議決定した上で、首相や防衛相が命令を出す仕組みになっている。

 現行でも、緊急時には閣僚の署…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも