[PR]

 韓国・仁川市内にある保育園で、保育士が4歳の女児に激しい暴行を加える映像が報道され、「ひどい児童虐待」と社会に衝撃を与えている。警察が保育士の身柄を確保して捜査に乗り出し、保健福祉省も保育士の資格基準の強化など、児童への暴力根絶に向けた対応に追われている。

 同省によると女児が8日の昼食でキムチを残し、女性の保育士が食べさせようとしたが、女児が吐き出した。すると、保育士が平手で女児の頭をたたいた。報道された監視カメラの映像を見ると、女児はたたかれた勢いで体が飛ばされるように倒れ込み、しばらく立ち上がれないほどの激しさだった。

 その様子を他の児童らも見ており、保健福祉省は被害にあった女児や、他の児童らに心理治療をほどこす予定だ。

 事件の発覚後、同園に子供を通わせている保護者らから抗議が殺到。園は事実上、閉鎖状態に追い込まれているが、同省は園の運営停止や閉鎖を含めた行政処分を検討している。

 韓国メディアは事件を大きく取…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら