[PR]

 フランスの連続テロ事件の発生後、同国で約1万9千のウェブサイトが、サイバー攻撃を受けたことが分かった。AP通信が15日、仏軍当局者の話として明らかにした。

 サイバー攻撃の対象となったサイトは、軍関係からピザ店まで広い範囲に及んだという。有名なイスラム過激派のハッカーグループを含む組織化された集団によって、実行されているとみられるという。また、サイバー攻撃は11日のテロに抗議する大行進の後に急増し、当局者は「大行進への反応と考えられる」としている。(パリ=吉田美智子)

こんなニュースも