【動画】鶏の殺処分に向けて作業が始まった
[PR]

 岡山県笠岡市の養鶏場で高病原性とみられる鳥インフルエンザに感染した鶏が見つかり、県は16日朝、家畜伝染病予防法に基づいて、この養鶏場で飼育している採卵用の鶏約20万羽の殺処分を始めた。

 鶏の数が多いため、県は陸上自衛隊に災害派遣を要請。県職員、自衛隊員ら約400人態勢で作業にあたる。16日は7万5千羽の処分を目標に作業を始め、午前9時までに約700羽を処分した。終了まで数日間を要すると見込んでいる。

 県は、半径3キロ以内の養鶏場6戸(約26万7千羽)の卵、鶏肉の移動を禁止。3~10キロ以内の15戸(約71万8千羽)について区域外への搬出を制限した。

 この養鶏場で死んだ鶏の遺伝子を検査したところ、15日夜までに高病原性の疑いが強い「H5亜型」のウイルスが確認された。