[PR]

 日本女子プロゴルフ協会(小林浩美会長)は16日、同協会のコンピューターシステムが不正にアクセスされ、選手やメディア関係者の顔写真、パンフレット用の写真など計約2万点が流出したと発表した。14日に不正アクセスされた痕跡を職員が発見した。住所や電話番号などの個人情報の流出は現時点ではないという。同協会は「専門家を含めた調査委員会を立ち上げ、全容解明に努めたい」と話した。