[PR]

 17日午前5時46分、6434人が亡くなった阪神・淡路大震災が起きてから20年がたった。未明の雨が上がった神戸市中央区の東遊園地には、午前5時ごろから、例年に比べて多くの人が詰めかけた。「1・17」の形に並べられた竹灯籠(とうろう)に火がともされ、発生時刻になると遺族や被災者らが黙禱(もくとう)した。

 追悼行事に参加しやすくするため、神戸市営地下鉄は初めて、西神・山手線で早朝の臨時列車を運行した。兵庫県は午前11時45分から、神戸市の県公館で追悼式典を開き、天皇、皇后両陛下が出席して献花する。