【動画】秩父・三十槌の氷柱ライトアップ=高山顕治撮影
[PR]

 荒川源流に近い埼玉県秩父市大滝の「三十槌(みそつち)の氷柱(つらら)」でライトアップが始まった。一年で寒さが最も厳しくなるとされる20日の大寒を前に、岩壁に現れた氷の芸術を一目見ようと多くの人が訪れている。

 氷柱は、標高約400メートルの岩肌からしみ出る湧水(ゆうすい)がつくり出す奥秩父の冬の風物詩だ。昨年末から続く冷え込みで順調に形成された。約20基のLED照明に照らされた高さ約8メートル、幅30メートルにわたる氷のカーテンは赤や青、紫など多彩な色に輝き、幻想的な光景をつくり出している。

 秩父市によると、ライトアップは今年で10年目。発電に使用済みてんぷら油などをリサイクルしたバイオディーゼル燃料を使い、環境にも配慮したという。ライトアップは2月15日まで。平日は午後5時から7時まで、土曜と休日は午後9時まで。(高山顕治)

関連ニュース