[PR]

 17日午後7時20分ごろ、広島県福山市神村町の養鶏場から出火、消防隊が約1時間20分後に消火したが、木造2階建ての鶏舎(約1200平方メートル)の約900平方メートルが焼けた。けが人はいなかった。

 県警福山西署によると、焼けたのは株式会社「M.E.F.」の養鶏場。同社の社長(68)は「中に鶏が約4万羽いた」と話しているといい、このうち約半数が焼け死んだとみられるという。現場にかけつけた元従業員の男性(72)は「こりゃ大変じゃ。鶏はだめかもしれん」と話した。