[PR]

 保守分裂の末に自民党推薦候補が敗れた11日の佐賀県知事選の結果などを受け、自民党佐賀県連会長の福岡資麿参院議員が18日、「けじめをつけたい」として会長を辞任した。

 福岡氏はこの日、非公開の幹部会合後、「党の結束を保てず残念だった。新体制のもとで一枚岩になることが大切だ」と報道陣に話した。知事選に加え、衆院選で上位優遇の約束のもとに比例単独候補となった県選出の今村雅弘氏が名簿順位で冷遇されたことや、佐賀1区で岩田和親氏が民主の原口一博氏に敗れたことも理由に挙げた。

 知事選での党中央の過剰な介入…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら