[PR]

 国内最大のツル越冬地・鹿児島県出水市の出水平野で20日、ツルの北帰行が始まった。過去最も早かった2009~10年のシーズンより7日早い。

 このところ日中、暖かい日が続いたためらしい。大半は朝鮮半島まで一気に飛び、シベリアへ向かう。今季は過去最多の1万4378羽が飛来した。

 出水平野では昨年11月以降、鳥インフルエンザのため5羽が死んだ。撮影した全日写連の松下利行さん(50)は「無事に帰って、また元気な姿をみせて」。