[PR]

 小さな頃からSF小説が好きで、浴びるように読んでいた。筒井康隆の短編「空飛ぶ表具屋」もその一つ。主人公・幸吉は、世界で初めて人力で空を飛んだ男だ。江戸時代、現在の玉野市八浜町で生まれた、実在の人物がモデルである。ゆかりの地を訪ねた。

 児島湖がまだ外海とつながっていた平安時代から八浜は海上交通の要衝で、以来、港町として栄えたが、干拓や鉄道開通などの影響で急激に衰退した。

 県道から少し湖側に入ると、繁栄当時の面影を残す通りに出る。白いしっくい塗りに黒い焼き板を重ねる特徴的な家並みに、赤いれんが煙突が2本、ぬっと空に突き出る。酒やしょうゆの醸造所の名残だ。

 朽ちかけた古い家に、やはりこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら