[PR]

 過激派組織「イスラム国」は、中東のシリア・イラクをまたいだ地域で勢力を広げる。イスラムの教えを極端に解釈して住民の行動を抑圧し、統治に従わない者は斬首するといった恐怖支配が特徴だ。電気や水道などインフラも管理し、行政機能も担っている。

 「イスラム国」は、アルカイダ系などのスンニ派過激派勢力が2006年に合流した旧イラク・イスラム国(ISI)を前身とする。米軍の掃討作戦でいったん弱体化したが、シリア内戦の間に組織として勢いを取り戻した。指導者アブバクル・バグダディ容疑者は昨年6月、預言者ムハンマドの後継者たるカリフを名乗り、イスラム国家の樹立を一方的に宣言した。

 シリア北部ラッカを「首都」とし、統治は極端なイスラム法の解釈に基づく。住民には恐怖を与えて支配する。

 住民らの証言によると、宗教警…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら