[PR]

 過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件について、国連のデュジャリック報道官は20日の定例会見で「人質は無条件で解放されるべきだ」と述べ、身代金の支払いを求めているイスラム国を批判した。記者の質問に答えた。

 報道官によると、国連でも今回の身代金要求の映像を確認済みで、潘基文(パンギムン)事務総長は全人質の即時解放を訴えているという。記者からは身代金を巡る事務総長や国連の立場を問う質問も出たが、報道官は「それは事務総長が決めることではない。国連の立場で明らかなのは、解放は無条件である必要があるということだ」と強調した。(ニューヨーク=金成隆一)