[PR]

 危険ドラッグとして現在規制されている薬物を交際相手の女性とともに飲み、女性が中毒症状に陥ったのに適切な救命措置をとらずに死亡させたとして、静岡県警は21日、同県富士市江尾の建設作業員嘉山和仁容疑者(32)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕し、発表した。調べに対し、救命措置が遅れた事実は認めたうえで、「薬物使用の発覚を恐れたのではない」と供述しているという。

 沼津署などによると、嘉山容疑者は2013年12月30日未明、同県沼津市内のホテルで、交際していた県内の無職女性(当時18)とともに「アロマリキッド」などと呼ばれる液状の薬物を服用。女性が錯乱状態になるなど重い急性薬物中毒の症状が表れているのに、救急車を呼ぶなどの措置をとらずに放置した疑いがある。女性は約4時間後に嘉山容疑者が車で病院に運んだが、同日夜に死亡した。

 薬物は嘉山容疑者が沼津市内で購入。現在は同じ成分が危険ドラッグとして規制されているが、当時は指定対象外で「合法」などをうたって販売されたとみられる。署は、嘉山容疑者が女性と2人きりだったことなどから保護する責任があり、すぐに病院に運んでいれば助かった可能性が高いと判断した、という。