[PR]

 テニスの全豪オープン第4日は22日、メルボルン・パークで男子シングルス2回戦があり、世界ランキング5位で第5シードの錦織圭が同86位のイワン・ドディグ(クロアチア)を4―6、7―5、6―2、7―6で下し、5年連続の3回戦進出を決めた。

 錦織は序盤からミスショットが目立ち、第1セットはドディグに2度のブレークを許した。

 第2セットは、互いにサービスゲームをキープする展開が続いたが、第12ゲームで錦織がブレークに成功してセットを奪った。

 第3セットは、錦織が尻上がりに調子を上げて、サーブやショットの確実性を高め、相手のサーブも2度ブレークした。

 第4セットは先にドディグにブレークを許したが、第10ゲームでブレークして追いつき、タイブレークを制した。

 錦織は23日か24日、3回戦で世界ランキング38位のスティーブ・ジョンソン(米)と対戦する。

こんなニュースも