[PR]

 大量の放射線被曝(ひばく)で生じる白血球の急激な減少などの深刻な健康被害に対する治療薬の候補を、米テネシー大健康科学センターの研究チームが見つけた。マウスの実験では、候補の化合物を与えた方が、何もしないマウスよりも生存率が4倍あまり高かったという。23日に論文が米科学誌に掲載される。

 人間での効果や安全性の確認はこれからだが、米国の企業が薬としての開発を目指している。被曝による健康被害を治せる薬はまだない。原発事故や核爆発だけでなく、がんの放射線治療による副作用にも効く可能性があるとしている。

 大量に被曝すると、細胞内のDNAが傷つき、様々な障害が出る。新陳代謝の活発な腸や血液などの細胞が特に影響を受けやすい。

 研究チームは、細胞の表面にあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも