[PR]

 中国陝西省の研究施設で飼育されているジャイアントパンダが「犬ジステンパー」に感染した問題で、さらに1頭が23日、死んだ。中国メディアが伝えた。死んだパンダは計3頭になった。

 報道によると、9歳のメスが23日早朝に死んだ。施設内では昨年12月に感染が発覚し、同月9日と今月4日にいずれも8歳のメスが死んだ。今回死んだパンダも、そのうちの1頭と一緒に飼育されていたといい、今年に入って症状が出ていた。ほかに1頭が重体という。

 犬ジステンパーは、野生動物もかかるウイルス性の感染症。感染した場合の致死率は90%に達するという。(広州=延与光貞)

こんなニュースも