常陸宮賜杯第65回中部日本スキー大会が25日開会し、南砺市城端のじょうはな座であった開会式に常陸宮ご夫妻が出席した。

 開会式には、東海北陸7県(富山、福井、石川、岐阜、三重、愛知、静岡)の選手や監督らが参加。常陸宮殿下は「日頃の練習の成果を発揮され、中部日本の頂点を目指してがんばってください」と激励した。大会は26、27両日、同市のたいらスキー場など2会場で、ジャイアントスラローム種目とクロスカントリー種目が競われる。

 ご夫妻は、26日にクロスカントリー競技の観覧や、アザラシ型ロボット「パロ」を製造しているサンジェニックス(同市梅原)の見学をする予定。(大坪実佳子)