[PR]

 名古屋市昭和区のアパートの一室で、顔見知りの女性(77)をおので殴るなどして殺害したとして、愛知県警は27日、この部屋に住む名古屋大学1年の女子学生(19)を殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。容疑を認め、「人を殺してみたかった」と話しているという。

 県警によると、大学生は昨年12月7日昼ごろ、自室で、同市千種区の無職、森外茂子(ともこ)さんの頭をおので数回殴ったり、マフラーで首を絞めたりして殺害した疑いがある。1月27日午前9時40分ごろ、大学生とともに部屋を訪れた警察官が、風呂場の洗い場で、服を着たまま倒れた状態で死亡していた森さんを発見した。

 大学生は、森さんから宗教の勧誘を受けて知り合い、12月7日午前には2人で同市昭和区の宗教施設を訪れていた。その後、大学生は自室で森さんを襲い、遺体をそのまま放置し、宮城県の実家に戻っていたという。

 森さんの夫が7日夕、外茂子さんが予定の時間に帰宅せず、携帯電話にも出ないことから警察に行方不明を届け出た。県警が捜査したところ、2人が会っていたという目撃情報があり、大学生が浮上した。

 大学生は昨年4月に大学に入学し、アパートで一人暮らしをしていた。調べに対し、大学生は「手おので殴ったが、完全に死んでいないのでマフラーで首を絞めた」「部屋で殺し、遺体を風呂場に運んだ」などと話しているといい、県警は動機を調べている。