[PR]

 名古屋市交通局は27日、市バスの男性運転士(36)が終点に着く前に運行を打ち切り、約1キロの区間を運行していなかったと発表した。運転士は「最終バスで利用客はいないと思った」と説明。道路運送法に抵触する可能性があり、同局は中部運輸局に報告した。

 市交通局によると、運転士は26日午後11時45分ごろ、「地下鉄徳重」行きの最終バスを運行中、終点の二つ前の停留所で運行をやめて車庫に戻った。乗客はいなかった。通常より約10分早く戻ったため、不審に思った助役がドライブレコーダーを調べて発覚した。

 営業所は20分遅れで代行バスを運行したが、利用客はいなかったという。