[PR]

 1丁4320円(税込み)もするニッパーが大売れしている。プラモデル部品の切り離し専用「アルティメットニッパー」。新潟県燕市の会社が運営するネットショップに出品されるとたちまち売り切れ、転売価格が6千円を超えたことも。町工場の技術に、キャラクターやツイッターによるPRを組み合わせ、新たなマーケットを開拓した。

 販売するのは燕市のゴッドハンド社。工具メーカーで、1964年創立の親会社ツノダ(同市)が2010年、自社製品をネット販売するために設立した。

 「究極のニッパー」を意味するアルティメットニッパーは、ツノダの角田稔社長(37)が開発し、11年に発売した。刃先の片側だけに刃がある「片刃」と、平らな鋼を合わせてプラスチックを切る独特の構造だ。職人が手作業で刃を薄く研ぎ出し、切れ味を増した。ゴッド社は今年度、対前年比倍増の年商1億5千万円に届く見込みで、アルティメットニッパーはその6~7割を占める。

 13年春にゴッド社に入ったホビー事業部の高橋大介さん(31)は、キャラクターの導入を提案した。入社時、ネットショップは不振だったが、アルティメットニッパーはアニメーターやマンガ家などプラモデル好きな有名人に売れていた。

 「マンガ、アニメとプラモデルの愛好者は重なる」。専用ソフトで、ニッパーの柄(え)をイメージした青いおさげ髪の少女「ニパ子ちゃん」を考案。同年6月、キャラクターが商品の特徴や使い方を説明するホームページをつくり、ニパ子のツイッターも始めた。

 取り組みが話題になり、1日3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら