[PR]

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、悪天候で延期になったH2Aロケット27号機の打ち上げ予定日時を、2月1日午前10時21分に再設定したと発表した。当初、29日午前に打ち上げる予定だったが、発射場がある鹿児島県の種子島宇宙センター上空に雷を誘発する氷を含んだ雲が広がる恐れが高まったため、いったん発射点に移動したH2Aを組み立て棟に戻した。

 JAXAによると、天候は回復傾向で、1日午前は冬型の気圧配置が続くものの、雲の切れ間に入って晴れる予報だ。H2Aは今回、情報収集衛星を載せている。31日夜に改めて発射点へ移動する予定だ。

こんなニュースも