【動画】幕張メッセで開かれたゲームイベント=伊澤友之撮影
[PR]

 好きなゲームで遊んでいる様子を、自分でしゃべりながら動画で撮影し、投稿サイトで公開する。そんな「ゲーム実況」の初の大型イベントに、3万5千人が集まった。人気の実況者は「アイドル」さながら。ゲームの制作会社もこのブームを逃すまいと、宣伝や開発に生かす。

 ゲームイベント「闘(とう)会議」で、会場となった幕張メッセ(千葉市)に人だかりができていたのは、「実況」のエリアだった。

 「逆転できそうだあ」「焦って操作ミスが多いですねえ」。ゲームの内容を解説し、登場するキャラクターのセリフを読み上げ、しゃべりながらゲームをする。巨大なスクリーンに映し出された動画を、家族連れや学生が見入っていた。

 実況の体験ができるエリアもあり、実際にマイクを使って、ゲームをプレー。約10あったスペースは、どれも立ち見が出るほどにぎわった。初挑戦した東京都練馬区の小学4年の徳永想太郎君(10)は「1人でやるのと違って緊張したけれど、みんなが一緒に笑ってくれて楽しかった」と笑みを浮かべた。生放送を見た「ネット来場者」はのべ574万人にのぼった。

 1月31日から2日間、ドワン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース