[PR]

絵本作家・五味(ごみ)太郎さん

 作品は400を超えているのかな。もちろん、数をこなそうと思ってやってるわけじゃない。いつも、「これ、かいたことないなあ」「新しいことしたいなあ」と思ってる。たぶん、死ぬまで変わんないんじゃないかなあ。そんなふうに作業をし続けているオレってちょっといいな、って思うよ(笑)。

 子どものために絵本かいてるつもりはぜんぜんないんだ。自分がわくわくする作業をして、それを伝えている。そのときハートが伝わりやすいのが、絵本が好きな子どもなんだね。もっというと、絵本の好きな人間。大人でも、好きといってくれる人が多いんだよ。

 プロットはかかないから、「おれの主人公はここから先どうなるんだろう?」っていつも自分が楽しんでる。「きんぎょがにげた」(福音館書店)、本当はきんぎょ、にげてないんだよね(笑)。なんとなくぶらぶらしてるだけ。おれ自身、学校からぬけ出たい、自分を解放してやりたい、と思っているタイプだったから、そういう意味では象徴的な内容かもしれない。

 絵本は自分のペースで読めばい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら