[PR]

 「イスラム国」に拘束された後藤健二さん(47)の解放を求め、交流サイトを通じて世界に広がった「I AM KENJI(私はケンジ)」の写真の投稿。殺害されたとみられる映像が公開され、サイトには様々な思いが寄せられた。衝撃、怒り、やりきれなさ。そして、後藤さんが望んだ平和への願い――。

 《今まで感じたことのない深い絶望とやり場のない憤りを感じています》

 米ニューヨーク在住の映像制作会社代表、西前拓さん(52)は日本時間1日午前、交流サイト「フェイスブック(FB)」の「I AM KENJI」専用ページにそう投稿した。朝日新聞の取材に「もっと何かできたのではないかという無力感や自責の念がふくらんだ」と語った。

 後藤さんが拘束された映像が公開された1月20日、専用ページを開設し、写真の投稿を呼びかけてきた。投稿された写真は2千枚を超え、ツイッターでの発信も広がった。西前さんは1日の投稿に、こう記した。 《国境を超えたその広がりに、健二さんの大きさ、成し遂げてきたことの素晴らしさを日々感じています》。番組制作などで後藤さんと10年以上にわたり親交を深めてきた。《(後藤さんは)憎しみを超えて人と人が分かり合えることを信じていました》

 殺害されたとみられる映像の公開を受け、「I AM KENJI」の賛同者にどんなメッセージを送るべきか。「おびえたり怒りで敵視したりすれば『イスラム国』の思うつぼ。平和を望んだ後藤さんが悲しむのではないか」。仲間たちと話し合い、こう投稿した。

 《人と微笑(ほほえ)みあうたびに必ず健二さんのあの大きなBig Smileを思い出すでしょう》

 西前さんの投稿に、日本語や英語、フランス語などのコメントが750件以上寄せられた。《噓(うそ)であって欲しい》《ご家族に一日も早く穏やかな日々が訪れますように》……。専用ページへの共感を示す「いいね!」は、2日正午までに4万5千件を超えた。

 東京都新宿区のフリーライター…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら