[PR]

 菅義偉官房長官は1日午前に記者会見し、過激派組織「イスラム国」に拘束されたフリージャーナリスト後藤健二さん(47)が殺害されたとみられる動画が公開されたことについて、男性は後藤さんの可能性が高いとみていることを明らかにした。

 菅氏は、動画が「イスラム国」側から発信されたものかどうかを問われ、「総合的に判断して(イスラム国が発信した)可能性が高いと判断している」と指摘。さらに、男性は後藤さんの可能性が高いのかとの質問に「そのように考えています」と答えた。

 また、菅氏は「日本がテロに屈することは決してなく、中東への人道支援をさらに拡充する。そしてテロと闘う国際社会において日本としての責任を毅然(きぜん)として果たしていく。そして国際社会と連携し、卑劣なテロ行為に対する取り組みを進める」と述べた。

 「イスラム国」側が「お前の国民はどこにいたとしても殺されることになる」と予告していることについて、菅氏は「海外における邦人の安全を守るために全力で取り組む。テロリストの入国阻止に向け、関係機関と連携のうえ水際作戦をしっかり行っていく。さらに空港、公共交通機関、そうした重要施設の警備もしっかり行っていきたい」と語った。