[PR]

山下芳生・共産党書記局長

 拘束された2人の救出を最優先で政府にあたってもらいたい、全力を尽くしてもらいたい、と申してきた。ただ一方で、安倍総理がこの間、この事件を契機に海外で戦争する国づくりを一層推進、拡大する言動をされていたのは極めて重大だ。その一つが有志連合によるイスラム国への軍事行動への支援。ちょうど1週間前、NHKで安倍総理は憲法上は可能だと考えていると述べられた。イスラム国に対する、米軍による空爆への支援を憲法上は可能だという重大な発言だ。憲法9条のもとで許されるわけがない。

 もう一つは邦人救出だ。安倍総理は明確にイスラム国の今回の事案を念頭において、自衛隊を一層活用する必要があるのではないかという趣旨のことを言われた。しかし、昨年7月の閣議決定の邦人救出では、当事者国の支配、権力が及んでいる地域で行うと、いわば限定された。私たちはそのことにも反対だ。(東京都内で記者団に)

関連ニュース