[PR]

 過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件を受け、安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で「彼ら(『イスラム国』)が行った残虐非道な行為に対して、法によって裁かれるべきだろうと考えている」と述べた。「どれだけ時間がかかろうとも、国際社会と連携して、犯人を追い詰める」との決意も表明した。

 首相が人質事件で1日に発表した「テロリストたちを絶対に許さない。罪を償わせる」との声明などに関連し、民主党の大塚耕平氏らに答えた。

 ただ、首相は、米国主導の有志連合による「イスラム国」への空爆については、「参加することはありえないし、後方支援も考えていない」と述べ、日本の軍事行動への参加を否定した。「ISIL(『イスラム国』の別称)が残虐な方法で支配地域を拡大している。この動きをとめなければならない」とも語った。

 「イスラム国」は、フリージャ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら