[PR]

 名古屋市のアパートで女性(77)が殺害された事件で、大学1年の女子学生(19)が殺人容疑で逮捕されてから3日で1週間が経つ。大学生は「子どものころから人を殺してみたかった」と話しているといい、捜査当局は、心理状態や責任能力の有無を調べるため、精神鑑定の実施を検討している。

 愛知県警によると、大学生の逮捕容疑は昨年12月7日昼すぎ、アパート自室で、顔見知りだった森外茂子(ともこ)さんの頭をおので数回殴り、マフラーで首を絞めて殺したというもの。

 大学生のものとみられるツイッターには事件当日、「ついにやった」との投稿があった。調べに対し、「たまたま対象になってしまった女性には申し訳なかった」と謝罪の言葉を述べているものの、「相手は女性でなくてもよかった」とも話し、殺害行為を成し遂げた達成感を口にしているという。

 ツイッターにはこのほか、「硫酸タリウムの半数致死量は1グラム(成人男性)だろ?」(昨年11月10日)、「(東京・秋葉原で2008年に7人が死亡した無差別殺傷事件の加藤智大被告の名を挙げ)なんとなく人間らしさがありますよね」(昨年12月6日)などと書き込まれていた。

 県警がアパート自室を家宅捜索…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら