[PR]

 過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件で、安倍政権は今回の危機対応を検証する。政府による検証は、1999年のキルギス拉致事件や2013年のアルジェリア人質事件でも行われた。一連の経過を振り返り、今後のテロ対策や海外での邦人保護などに生かす方針だ。

 「テロ対策には不断の見直しが極めて大事だ。今回の対応について、政府内で検証を予定している」。菅義偉官房長官は2日の記者会見で、検証に着手する考えを示した。

 安倍晋三首相は同日の参院予算委員会で「情勢の変化に応じて不断の検証と見直しを行い、国民の命を守っていく」と表明。自民党の谷垣禎一幹事長も同日の与党対策本部の終了後、記者団に「今後、検証が必要だ」と述べた。

 「イスラム国」に拘束された会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも