[PR]

 憎しみあいは報復の連鎖しか生まない。争いをくい止めよう――。過激派組織「イスラム国」による人質殺害や、対抗するヨルダン政府の死刑執行を受けて、多くの人が声をあげている。それこそが、ジャーナリストの後藤健二さんが命をかけて伝えたかったことだ、と。

 後藤さんが殺害されたとみられる映像が公開され日の翌2日午前、NHKの情報番組「あさイチ」開始15秒後。司会の井ノ原快彦さんと有働由美子アナウンサーの会話が途切れると、柳澤秀夫解説委員が語り始めた。「冒頭なんですけど、すいません」。オープニングのBGMが消えていく。

 ニュースではテロ対策とか、(中略)今、声高に色々と議論され始めているんだけど、ここで一番、今僕らが考えなきゃいけないことは、後藤健二さんが一体何を伝えようとしていたのか、ということ。戦争になったり、紛争が起きると弱い立場の人たちが、そこに巻き込まれてつらい思いをするということを、彼は一生懸命伝えようとしていたんじゃないか――

 1分5秒の解説だった。

 柳澤さんは1991年の湾岸戦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら