[PR]

 海外に進出中の高級和牛・神戸ビーフ。いま、世界で16億人とされるイスラム圏の人々に売り出すための取り組みが進んでいる。兵庫県の助成金で新たな処理施設が整備され、専門店では「ハラール」の認証を受けた肉の販売が始まった。

 神戸市中央区のJR元町駅近くにある神戸牛専門店「神戸元町辰(たつ)屋」。奥の専用冷凍庫から出された真空パックの神戸ビーフにハラールの認証を示す丸いシールが貼られていた。

 販売開始は1月。牛の頭をメッカの方角へ向け、まず血抜きし、イスラム教徒が祈りながら処理した。県などによると、ハラール加工された神戸ビーフの本格的な販売は初めてという。

 100グラムの値段はステーキ用のヒレ7千円、サーロイン5千円、リブロース3500円(いずれも税別)など一般の神戸ビーフの1・5倍程度。まず1頭分を在庫限りで冷凍販売してどんな部位が好まれるかなどを調べ、ホテルや国際線の機内食などへの販路拡大をめざす。辰己真一社長(57)は「イスラム教徒の観光客に食べてほしい」。

 加工したのはJA兵庫六甲など…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら