[PR]

 本州の南の海上を東に進んだ低気圧の影響で、日本列島は5日、甲信地方や中国地方を中心に雪となった。関東甲信地方では6日未明にかけて雪が続く恐れがあり、気象庁は路面の凍結に注意を呼びかけている。

 気象庁によると、関東の南の上空に零下3度以下の寒気が流れ込み、5日午後5時までの24時間の降雪量は広島県北広島町で27センチ、山梨県の河口湖で22センチとなった。東京・多摩地域でも午後3時に約5センチの積雪を観測した。

 低気圧や寒気の影響は6日も続き、6日午後6時までの24時間の降雪量は多いところで、近畿地方の山沿いが40センチ、長野県北部や関東地方北部の山沿いで20センチ、関東の平野部で5センチ、東京23区が3センチと予想されている。

 東日本の高速道路は5日、山梨県内の中央道でチェーン規制、埼玉県内の関越道や東北道で速度規制が続いた。各高速道路会社は6日まで不要・不急の利用を控えるよう求めている。