【動画】小5男児、胸など切られ死亡 和歌山・紀の川=山中瑞喜撮影
[PR]

 5日午後4時24分ごろ、和歌山県紀の川市後田(しれだ)で、「子どもが切りつけられた」と近隣住民から110番通報があった。県警によると、市立名手(なて)小学校5年の森田都史(とし)君(11)が胸や頭などを切られて自宅近くの空き地に倒れており、心肺停止の状態で病院に搬送されたが、同日午後7時5分に死亡が確認された。県警は殺人事件とみて逃げた男の行方を追っている。

 県警によると、森田君を襲ったとみられる男は現場から北に向かって徒歩で逃げたという。30歳前後で、身長170センチ程度。紺色のジャンパーにジーパンをはき、作業用とみられるゴーグルのようなものを顔につけていたという。

 県警は男が凶器を持って逃げている可能性があるとみて、約100人態勢で岩出署に捜査本部を設置した。また、周辺住民に対して屋外での行動に注意を呼びかけている。

 森田君が通う市立名手小学校の保護者によると、この日は授業参観日で、児童たちは5時限目が終わって午後3時ごろに下校したという。市教委によると、森田君は午後3時半ごろに帰宅し、自宅近くで遊んでいたところを襲われた可能性があるという。自宅から倒れていた現場までは数十メートルしか離れていない。

 県警によると、近所の男性は自宅の庭先で作業中、現場の空き地に近づく男を見たという。数分後、空き地から声が聞こえ、男が立ち去るのを目撃した。現場を見に行くと、男児が仰向けに倒れていた。男性は「男は刃物を持っていたと思う。知らない男だった」と県警に話したという。傷は右胸と頭頂部、両腕に計数カ所あった。

 現場はJR和歌山線の名手駅から南約800メートルの住宅や農地が混在する地域。県警によると、現場以外からは血痕は確認できていないという。

関連ニュース