[PR]

 東京都心でも最大5センチや3センチの降雪量――。気象庁は5日、6日についてそんな予報を出したが、いずれも降雪量は記録されなかった。「雨か雪かは微妙な差で予報が難しい」。気象庁の担当者は話している。

 都心で雪となるのは①本州南岸を低気圧が進み、雲が広がって気温が下がる②低気圧に流れ込む水蒸気の量が増え、雲が広がる③上空に寒気が流れ込む――などの場合が多い。

 気象庁は4日夕、都心の降雪量が5日夕までに最大5センチと予報。5日夕には6日夕までに最大3センチを予想した。だが、5、6日ともにゼロだった。

 同庁によると、低気圧が予想より南側を進んで雲の範囲が狭くなり、低気圧に流れ込む水蒸気も少なかった。都心では気温2度以下が降雪の目安だが、5日午前3時の気温は4・4度で、午前9時で2・3度。2度を下回った10時ごろから、みぞれとなった。6日は雲が広がらなかった。

 気象庁天気相談所の松原竹男所長は「雪の予報は当日の気温などで左右される」と話す。

 タクシー事業を展開する国際自動車(東京都)は5日、朝の点呼で運転手に降雪予想を伝えた。担当者は「予報は外れたが、いつでも雪への備えが重要」。東京都中野区のホームセンターは店の入り口にスコップや融雪剤を大量に並べた。予想は外れたが、「雪対策の商品を切らさないようにしている」という。(土居貴輝)