【動画】奄美大島にザトウクジラのシーズン到来=外尾誠撮影
[PR]

 鹿児島県の奄美大島沖でザトウクジラが回遊するシーズンを迎えた。毎年1~4月ごろ、繁殖や子育てのために南下してくる。7日は地元の研究団体、奄美クジラ・イルカ協会が一斉調査を実施。数キロ沖合で水しぶきをあげたり、尾びれを水面から高く持ち上げたりする計24頭を確認した。

 島で本格的なホエールウォッチングが始まったのは数年前。昨季は344頭を確認した。協会の興(おき)克樹(かつき)会長は「毎年増加傾向にある。鯨に負担をかけない術(すべ)を模索しながら、生態解明のため調査を続けたい」。

 この日の一部の調査には観光客も参加した。埼玉県の於保(おぼ)好則さん(59)は「たくさん見られてびっくり。また来たくなった」と笑顔だった。(外尾誠)