[PR]

 山口県下関市で、県警が家宅捜索しようとした住宅に住む男が包丁を振り回して逃げた事件で、男が逃走に使ったタクシーの車内に多数の血痕があったことが県警の調べでわかった。県警は、男が包丁でけがを負った可能性があるとみて、7日も下関市内のパトロールを強化し、逃げた男の行方を追っている。

 県警によると、逃げているのは、職業不詳の文健二(ぶんけんじ)容疑者(56)。文容疑者は6日午前8時過ぎ、県警の捜査員が麻薬特例法違反容疑で自宅に捜索に入ろうとしたところ、包丁を振り回して逃走。近くで客待ちをしていたタクシーを奪って逃げた。約1時間後、乗り捨てられたタクシーが自宅から約1・5キロ離れた駐車場で発見され、振り回したとみられる包丁もタクシーの近くで見つかった。

 その後の県警の調べで、タクシーの車内に多数の血痕があったことが判明。県警は、文容疑者が包丁を振り回した際にけがを負ったものとみている。また、タクシーを乗り捨てた後に徒歩以外の方法で逃げた可能性もあるとみて、文容疑者の交友関係先なども捜査し、行方を追っている。

 県警によると、文容疑者は身長172センチで、黒髪のオールバック。逃走時には黒っぽい上着を着ていたという。