赤いキャップのキッコーマンしょうゆ卓上瓶やJRの特急「成田エクスプレス」のデザインを手がけ、デザインの理論化にも努めた工業デザイナーの栄久庵憲司(えくあん・けんじ)さんが8日、洞不全症候群で死去した。85歳だった。葬儀は近親者で営む。喪主は弟祥二さん。本葬は3月17日午後1時から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺で。

 日本を代表する工業デザイナーの一人だった。海軍兵学校に進むが、広島の寺の住職だった父の跡を継ぎ、戦後はいったん僧侶の道へ。その後、東京芸術大図案科で学んだ。1957年にGKインダストリアルデザイン研究所を設立し、所長に。戦後社会の中で、誰もが美しいデザインに触れられる「モノの民主化」「美の民主化」を唱えた。

 特に、液だれしない機能性とすっきりした形で知られるしょうゆ卓上瓶は61年の発売以来のロングセラーで、国内外向けに約4億本生産された。ほかに、ヤマハのオートバイ、大阪万博の電話ボックスやモノレール、秋田新幹線「こまち」の車体、日本中央競馬会やミニストップのロゴマークなど、数多くのデザインを手がけた。

 60年には、建築やデザインの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら