[PR]

 2020年東京パラリンピックに向けて、企業が障害者スポーツの支援に力を入れ始めた。社員だけでなく、市民を対象にした取り組みも始まる。

 8日、「ボッチャ」の大会が国立市で開かれた。身体に重い障害がある人のための競技で、パラリンピックの正式種目。革製の球を投げたり転がしたりして、目標の白い球にいかに近づけるかを競う。

 得点係を務めたのは約20人。三菱商事が昨年始めた障害者スポーツのボランティア養成講座を受ける人たちだ。

 同社は大分国際車いすマラソン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら